野球部のハードな練習で腰痛に・・・

高校時代に所属していた野球部のハードな練習で腰に違和感を覚えるようになりました。
特に冬場のトレーニングメニューの翌日などは激しい痛みに苦しむことも多く、頻繁に接骨院などに通っていました。

5箇所以上かな?どこに行っても、ヘルニアかもしれない、ヘルニア手前の椎間板症だなどと診断されていました。
ひどい時は呼吸するのも苦しいほどの痛みがあったり、横になっても激痛が和らがない時期もありました。
特に冬の時期なんかは頻繁に腰痛が発症し苦しみました。

その後の治療で慢性的な痛みはなくなりましたが、仕事やプライベートで重いものを運んだ翌日に痛みが出ることもありますし、長時間座っていると力が入らなくなることもあります。

やはり今でも悩まされているのが朝方一気に寒くなる秋から冬にかけての時期です。朝目が覚めても腰が痛くて起き上がれない時もあります。

起き上がっても立ったり座ったりを繰り返すのがキツく、仕事を休んでしまったこともあります。

 

体幹を強化する姿勢で改善をはかっています

どこの接骨院に行ってもレントゲンを撮ると腰骨が外国人のように大きく湾曲していることがわかりました。

野球の動作によって影響したのかとも思われますが、骨格は生まれ持ってのものですし変えることはできません。

そこで言われ続けたのが腹筋周りの筋力の強化です。腰の痛みを原因に腹筋系のトレーニングは避けてきましたが、腰に負担をかけずに腹筋を鍛える方法はたくさんあります。

下半身、上半身の筋肉とバランスよく鍛えることによって腰痛を改善させることにつながるといいます。強い腹筋を身につけるために様々なトレーニングを取り入れました。

一方で、鍛えるだけでなく筋肉の柔らかさも重要でした。特に自分は体が硬いため腰以外にもあらゆる部分を痛めてきました。

そのため毎日風呂上がりなどにしっかりストレッチの時間もとっていました。

最も効果を実感したのは、体幹を強化する姿勢です。

腹筋を鍛えることで体幹がしっかりしますが、それによって姿勢がよくなりました。歩く時や日常生活でも背中を丸めないよう意識したところ痛みもあまり出なくなりました。

高反発マットレスが腰痛に良いそうなので、購入してみたいです。

 

若い頃から腰痛持ちで、力仕事のため辛い

若い頃から腰痛持ちで、仕事でも30kg~50kg程度の金属の塊を持ち運ぶことがあるため、ちょっとしたことで腰痛が再発してしまって困っています。

腰の痛みがあまり長く続くとお尻と足の付け根あたりから、膝の裏あたりがチリチリと痛むこともしばしばあります。

一時期は病院通いした時期も、あったのですが腰痛はすぐに治るものではないそうで、長い間通うように言われたのですが、なかなか時間をとることができませんでした。

私の場合は、痛みが酷くて布団から動けなかったり、ギッコリ腰になってしまう程の重症にはあまりならないのですが、腰に違和感があったり、椅子から立ち上がる際に痛みがあり、ゆっくりとしか立てないなどの軽微な症状ががあります。

数年に一度ぐらいは、腰が痛くて日常の生活や仕事に少し支障がでる程度は悪化することがありますが、基本的には腰に違和感があるていどの、症状ですんでいます。

冬場はどうしても腰痛が出やすい傾向にあるので、気を使って仕事しています。

 

腰痛が出たときにはサポーターを巻いています

腰痛の根本的な原因というのはよくわからないのですが、昔病院に通っていた頃はマッサージと温めてもらうような事が多かったので、腰痛が出てきたときには、見よう見まねで、自分で腰をマッサージしたり、貼るカイロやお風呂に長く入るようにして温めてみたりしています。

あとは昔は使っていなかったのですが、腰のサポーターを巻くようにしています。

このサポーターを巻くようにしてからは、昔に比べると腰痛の具合がずいぶんとましになった気がしています。

この理由は、腰が冷える事が減ったためかと勝手に推測しています。 腰が痛い時に腰に触れると、他の体の部位よりも冷たい感じがするので、腰を温めて、血行を良くすることが腰にとってはいいことなんだと思います。

あとは腰痛の予防に腹筋や背筋の筋トレが効果的だと、テレビで聞いた事があるので、もう少し詳しく情報を集めて、我流になるかと思いますが、効果的な腰痛の予防を行えたらなと思っています。

それから、ダブルの高反発マットレスランキングで寝返りをしっかりうてるようなマットレスを選び、まずは寝ている間の環境を見直したいです。

 

 

特有の抱っこの仕方で腰を痛めました

産後特有の抱っこをした時に安定させるために腰を前に突き出して抱っこをする癖が抜けず、さらに骨盤のズレと歪みで、洗い物などをするときに物凄い痛みに襲われました。

子供が歩き出すのが遅かったため、中々その姿勢から抜け出すことも出来ず、最終的には抱っこしてすぐに腰が痛くて立ち抱っこが出来ない状態にまでなりました。

腰を大きな硬いハンマーで打たれたかのような鈍い痛みが強く、また元々骨盤異常で、尾てい骨が内側に入っている状態だからか、普通の人よりも痛いんじゃないかと思うくらい痛かったです。

新生児の頃は隣に一緒に寝ないと泣くので、シングルの布団に2人で寝ていたせいもあり、そのため寝返りが打てない、寝返りを打ったら起きたら畳の上で寝ている。などが日常茶飯事だった為、回復どころか悪化するばかりでした。

子供が小さかったのと、近所に子供を預けられる人もいなかったので、整体やマッサージなどにも行けず、ネットで骨盤体操や腰痛体操をしても長続きしなかったため、本当に悩まされました。

 

 

腰痛改善の体操は続かず、整体院でスッキリ!

基本的に飽き性なので、いくつかネットやテレビなどで腰痛改善体操をしても続かず、個人的な感想ですが、効果が表れているようには思えませんでした。

骨盤腰痛ベルト等は物凄く効果的だったのですが、つけている時だけ痛みが和らいでいるだけで、外すと普通に痛いので、改善にはなりませんでした。

そんな時に、子供を預りながら整体の施術を受けられる所が少し遠いですがあったので、行くことにしたら、一回施術をしてもらっただけで、腰痛ベルト無しでも凄く痛みが軽くなりました。

それで思った事は、ネットやテレビでやっていた効果が表れなかったやり方は自分自身のやり方が間違っていたのではないかと言うことに気がつき、整体の先生に教わったことを覚えながら家でもやってみるとたちまち楽になり、あんなに痛かったのに半年間通って家でも腰痛体操をしたら全く痛みが無くなりました。

具体的には仰向けで寝転がった状態で体育座りをしてそのまま前後に揺れたり、骨盤を左右にねじりストレスする体操です。

ダブルサイズの高反発マットレスランキングをチェックして、まずは睡眠環境から改善していきたいです。

 

とにかく見た目の悪さが嫌で、汗もいやでした

とにかく、見た目の悪さに悩みました。

銭湯などに行った時、大きな鏡で自分の姿を見ても、脂肪でブヨブヨした様子がとても醜いと思い続けていました。

服を着ても、突き出した胸や腹が非常にだらしなく感じられ、それどころか何を着ても似合わないとも思いました。

女性にモテないのは、その体型のせいだと思い詰め、自分に自信も持てずに、その自信のなさは恋愛に留まらず、日常生活のすべてに及びました。

また、物理的な問題として、ズボンの内股が歩くにつれて擦れて、ジーンズのような厚い生地でもすぐに穴が開いてしまうのも悩みでした。

他にも、厚い脂肪を身に付けているためか非常な暑がりであり、汗かきでもありました。しかも汗に脂が多いからだと思いますが、体臭にも悩みました。

挙げ句の果てには健康診断で高血圧・高コレステロールと診断され、治療するまでになってしまいました。

その後のダイエットで体重は標準値まで下がり、見た目の健康診断の結果も健康体になりましたが、かつて脂肪が付いていた影響は残っていたようで、40歳を過ぎてから心筋梗塞で死にかけるという目に遭いました。

悩みとかなんとかそれ以前に、脂肪など余分に持っていて全然いい事などあり得ないという思いです。

 

カロリーを制限して脂肪を燃焼させて、痩せやすい身体をつくりました

実際に解消した方法になりますが、まずは、摂取カロリーを制限する事。次に、脂肪を燃やす事。

そして、脂肪が燃えやすい体を作る事。その3つの柱をしっかりと打ち立てて、脂肪を落としました。

摂取カロリーの制限ですが、1日の食事のうち朝食と夕食は質素なものにしました。

朝は、1日のスタートダッシュに必要な炭水化物は取るにしても、小さめの茶碗に軽く1杯。それに良質のタンパク質である納豆を付けました。

夕食は、サラダとフルーツ中心に、空腹で夜中に目覚めない程度に。

その代わり、昼食は少しボリューム多めにし、日替わりで美味しいお店に行ってみるという事もしました。やはり、食の楽しみを完全に我慢してしまっては、長続きしないだろうという思いからです。

脂肪を燃やす事については、とにかく運動、運動です。通勤には片道10キロの道のりを自転車で往復しました。そして休みの日にはウォーキング。

いい景色を見ながら歩くのは、ストレス解消にもなって、とても良かったです。

脂肪が燃えやすい体は、寝る前の運動で作りました。水を入れたペットボトルをダンベル代わりにしてトレーニング。それから腹筋、背筋、スクワット。

軽く汗をかいた後は、気持ちよく眠れるという効果もありました。

そのように、ストレス解消も兼ねながら、そして楽しむ要素を織り交ぜながら、100キロ超だった体重を標準値まで落としました。

※糖質・脂質をカットせよ!おすすめサプリを一挙紹介

 

老化で胸のお肉がおちてお腹に集中・・・

小さなころから太ってはいたんですが、「年頃になると落ちてくるよ」という近所のおばさん達の声を信じて、特にダイエットすることもなく、中学生のころには80キロ目前まで。

それも確かに、高校生ぐらいには少し落ち着いて70キロぐらいに。
そして20代は毎年夏になると少し痩せるのをいいことに、夏に無理なダイエットをして60キロ前半に。

秋ごろにはダイエットに疲れて飽きてしまいしっかりリバウンド。
冬にはちゃんと体重が70キロぐらいに戻って次のシーズンへ。

そんな周期をずっと繰り返し。

それでも、毎年同じような体重ではいたのですが、なんかブラジャーに余裕があるなと思っていたんですが、気のせいだと言い聞かせ、体重が定番の70キロぐらいまで戻らず65キロぐらいなのに、
スカートのウエスト加減が70キロあるぐらいの感じ。

なんかおかしい・・・。
そこでやっと気づきました。

30代を過ぎたころから胸から痩せてはお腹につく。

胸がFカップからCカップにダウンしていました。
顔のお肉は落ちているので、周りからはやせたね~と言われるのですが、ただただ年取って顔の肉が下に降りてきただけ。
老化っておそろしい・・・。

 

食事を改善してダイエット!・・・でも。

定番のダイエット方法は食事療法でした。
とりあえず食べない。

夏場は食欲もなくなるので、その時期に便乗してダイエットを決行。
去年の夏はスポーツジムに通い、食事制限とともに運動を取り入れると、みるみる体重が減って、毎月3キロ、トータル10キロぐらいの減量に成功!

でも、そこからの停滞期が長くて、結局抜け出せず。
いつまでたっても停滞期が抜け出せず、体重が減らないとモチベーションも上がらず、スポーツジムに通うのも飽きてしまいました。

でも、せっかく10キロも痩せたのにもったいない!と思い、意を決してエバースリム?っていう脂肪取り注射を試してみました。

ところがどっこい、痩せるどころかみるみる体重が増えていくんです。

運動や食事制限をすると、ダイエット効果促進してくれる感じだったみたいで、暴飲暴食もしなかったけれど、無理な食事制限もせず、すっかりスポーツジムには飽きていたので運藤をまったくしなかったからか、効果なしどころか、太って終わってしまいました。

今ではすっかりリバウンドしてしまい、胸はスカスカ。お腹はパンパンです。
ダイエットって難しいですね。

【迷ったらコレ】糖質・脂質カットのための人気サプリメント

 

そこまで太くないのにお腹の脂肪だけが気になる

若い時は、1日1時間程度の散歩で十分、ダイエット効果もあり、そこまで体重が増えたことも無く見た目的にも問題は無かったが、

立ち仕事からPCの前に1日の座り仕事に変わってから、年のせいもあるのだろうが脇腹の脂肪が解消されづらく、
昔買ったお気に入りの洋服やジーンズが入らなかったり、ベルトの穴をズラさないといけないのが地味に困る。

脂肪とは関係が無いかもしれないが、下腹よりも少し上のあばら骨あたりが出っ張っていて、横から見るとやや太って見える。

昔から二の腕には脂肪はほとんど付かず、腕時計もずり落ちてしまうほど手首も細い。
自転車での移動が多いので、太ももや足もそこまで太くない。

なので、余計に腹の脂肪が目立ってしまうのではと、自意識過剰気味に外見を気にしている。

横顔がかなり大きい印象で、顎まわりの肉も昔ほどでは無いが、やはり気になる。

よく薬局に売っている、脂肪を解消する類の薬を最近試してみようかと思うが、うさんくさいと感じている。

 

エアロバイクを購入してダイエット中

ipodで音楽を聴きながら、1日1時間程度の近所の散歩。
軽めのジョギングは疲労の割には痩せている実感が少なく続かなかった。

食事制限は友人から糖質制限ダイエットなども聞き、試してはみたが特に趣味も無い自分は食が唯一と言ってもいいくらいの楽しみなので、ご飯やパスタを制限されるのはどうにもたまらず、こちらも長くは続かなかった。

最近は雨の日でも散歩代わりの運動ができると思い、エアロバイクを購入。
自宅で1日15分~30分使用しており、これはなかなか長続きしそうな感触。

しかし、思ったより音が大きくテレビの音声が聞こえないので、こいでいる間の暇つぶしを何か無い物かと考えている次第。

食事制限というほど大げさな物では無いが、毎朝朝食にコンビニの菓子パンを食べていたのを止め、ヨーグルト1個に切り替えつつある。

たまにはパンも食べるが、その時はローソンのブランパンなど糖質やカロリーが抑え目な物を食べるようにしている。

【糖質】カットするならこのサプリ!おすすめサプリ特集【脂質】

 

むくみほうれい線のせいでメイクも乗らない!!

顔のむくみが酷いと、まず顔が大きく見える事もひとつですが輪郭がぼやけて見えたり、<むくみほうれい線>が出来たりします。

<むくみほうれい線>とは、むくむ事によって頬が押し上げられ、あたかも実際にほうれい線があるかのように見えます。むくみで目周りも押しつぶされてしまい、目もぱっちりと見えません。

なので、実年齢よりも老けて見えてしまったり、スッキリとしたお顔でないので鈍臭い印象になりがちです。

アップスタイルや、お顔の輪郭が出る髪型などは、ためらってしまいます。メイクするにも、なんだかうきうき気分で取りかかれないですね。

次にいつむくみが出るのかですが、まず最初に気がつくのは朝一番の寝起きですね。

大体が前日に塩分の強い食べ物を食べた時や、アルコールを飲んだ翌朝などですね。私の場合、よるご飯が一日の食事の中で一番、時間をかけて楽しく頂きたいので、色々なお皿を楽しむ分、やはり塩分摂取量も多くなってしまいます。

 

バナナ+白湯+マッサージでむくみを撃退します!

<顔のむくみ>というテーマはやはり、女性の永遠の悩みですよね。

むくみの原因はざっくりとあげると、食事に含まれる塩分量、アルコールの摂取、運動不足、生理前、etc,,,などではないでしょうか。

美容に興味があり、実際にそれを仕事として働いている身なので今までに色々と<むくみ対策>をして来ました。

その中でも、わたしが実際に試して効果があったものを、おすすめします。毎日簡単に出来る事ばかりです。逆に、簡単に出来ないと続けられないと思います!

 

その1、朝にバナナを食べる。バナナにはカリウムが含まれているので、ナトリウムの排出を促してくれます。忙しい朝、朝食を作る時間を節約しつつ、ご飯代わりに食べるだけなので一石二鳥です。

その2、白湯、デトックス効果のあるハーブティーを飲む。やはり、体内に滞っている’”悪い水”を流してあげたいので、利尿効果のあるそれらの飲み物で流してあげるイメージで。

その3。顔のマッサージ、と聞くと難しそうと構えてしまう方もいるかと思いますが、実はたったの30秒ぐらい、リンパ節を中心に優しく刺激してあげると十分効果はあります。

 

また、サプリを飲むことも効果的です。

顔のむくみをスッキリさせるサプリランキングはこちら