パソコンなど長時間使うことにより眼精疲労を起こしそれから首筋が凝って肩こりになります。

また編み物など細かい手芸が好きなので長時間座って作業に没頭していると肩が石のように固くなってしまいます。

眼精疲労からくる肩こりは大変治りにくく頭痛まで併発するのでなかなか治りにくく肩こりから腰のほうまで痛くなることがあります。ひどい肩こりの場合はめまいや耳鳴りにまでなることがあります。

老眼が入ってきてからは特に目のピントが合わなくなるので若いころに比べると眼からくる肩こりが増えたと思います。更年期の時期でもあるので突然肩が凝ってくることもあります。

運動不足、便秘などもさらに肩こりをひどくすることがあるようです。足を組む癖があるのでおそらく姿勢も悪いことから起こる肩こりも起こります。

肩こりから上腕部がこり手や指先が痛くなることもあります。髪の毛を短くなどして首が冷える環境になるとさらに肩こりを悪化させることになります。

 

目をやすませたり運動をしたりしています

肩こりを解消するのに眼精疲労からきている肩こりの場合はやはり何と言っても目を休ませます。

それと同時にすこし散歩などしてすこしからだをゆっくりあっためるようにしてから柔軟体操などを何日間かつづけます。

長時間同じ格好でいるのもよくないのでできるだけ30分おきに立ちすわりをするようにしています。首の冷えないようにマフラーなどまいたり寝る前にホットウォーマで温めたり、背中に使い捨てカイロをはったりします。

自律神経整えるためにヨガの呼吸法を実践しています。肩、背中を中心に運動をするようにしています。

肩を回したり首を上下にしたり肩甲骨をしっかり動かせる運動を毎日継続的にするようにします。全身運動として散歩もよくするのですが水泳はから全体がしっかり運動できるようなので時々取り入れています。

更年期の肩こり対策としては自律神経を整えるほうが重要なので規則正しい生活をしストレスをためず、食生活も暖かいもの、野菜、タンパク質、糖質などバランスよくとるようにします。

肩こり サプリ 市販

 

コメントを残す

*