若い頃は肩こりとは無縁なくらい痛みに悩まされることはなかったのですが
三人子供がいますが、上の双子を出産後、なれない子育ての中、適度の運動もままならないあわただしい日々に追われ、
下を向いての授乳、抱き上げ、抱っこ紐での家事などを日々繰り返しているうちに徐々に肩こりに悩まされるようになってきました。

子どもたちの成長とともに体力勝負的な世話が、少なくなってきた半面
スマホやパソコンなどの集中して同じ姿勢で長時間作業することが増え

代謝も落ちてきたことも重なり慢性的に両肩が張っていて、特に右手が不自由なこと、左利きということもり左肩のコリは年々ひどくなってきています。

同じ姿勢での長時間作業後、バキバキなくらいに凝り固まった肩をほぐす時にダル痛い鈍痛を感じます。
首のコリがひどい時は、だいたい首コリ、頭痛が併せて症状としてみられます。

肩首のコリが和らぐと、頭痛も軽減している傾向にあるのでやはり肩こりは慢性病だと思います。

 

ストレッチをして改善させようとしています

手軽に行っているのは、日々の入浴時、温かい湯船につかって、心地よい程度に行う肩のストレッチ、ほぐし体操などです。

日中、肩のコリを感じたら、youtubeなどで座ったまま簡単に行える手軽なマッサージ動画をもとに凝り固まった肩をほぐしたりコリがつらい時などは、温めたタオルを肩にあてて温シップのような形で応急処置をしています。

また、両手にフェイスタオルを持って腕の上げ下げ、肩甲骨を広げるストレッチを納得するまで行っています。

あとは、仰向けになり、市販されている ほぐしアイテム(やわお)を、肩からスライドしながら下げて肩・背中をほぐしそのまま腰、おしりまでほぐすストレッチがとても気持ちよく、一日に数回行っています。

肩の上げ下げや、首回し、伏臥上体そらし、両腕を後ろに引き付けるようにして肩甲骨を広げる体操など
家事の隙間時間を見つけてはこまめに行うことでコリをほぐしています。

通常の様子より、異変を感じた場合は無理をせず様子を見て病院へ行くのも必要なことだと思います。

肩こりに効果が期待できるサプリを飲んで改善していきたいです。

 

コメントを残す

*